スポンサードリンク

ほうれい線が出来やすい人・目立つ人の特徴は?

ほうれい線ができやすい人ってどんな特徴があるの?

痩せていたり、あごが細長い方、頬骨が高い方、目鼻立ちがはっきりしている方はほうれい線がでいやすいので注意が必要です。

ほうれい線が出来やすい人の特徴

痩せていたり、あごが細長い人は、太っている人に比べお肉の内側からの張りがないため目立ってしまいます。また、丸顔の人は、頬の筋肉量が少ないので頬が下に下がりやすいのでほうれい線が出来てしまいます。

 

目や鼻、口の特徴も書きましたが、パーツごとに見て下に下がっている場合は、上に肌を引っ張り上げてくれないためほうれい線が出来やすく、目鼻立ちがはっきりしている、鼻筋が通っている人は顔の皮膚が動きやすいのでシワが出来やすいということがわかっています。

 

ここでは、ほうれい線が気になる方におすすめしたい手軽にできる対策方法をまとめてみました。

 

ほうれい線が出来やすい人まとめ

生まれ持った骨格以外にも出来やすい人の特徴があります。気づかぬうちにほうれい線が出来やすい体質になっていませんか。

  • 乾燥肌
  • 頬は、つまむとポニョポニョと軟らかい
  • ダイエットをして、痩せたり太ったりを繰り返している
  • 肩こり、首こりがひどい
  • 頭皮を指で揉むように動かしたとき、顔の皮膚が一緒に動かない
  • 眼が疲れやすい
  • 睡眠中に顔についた枕やシーツの跡がなかなか消えない

上記の症状が出てきた人は、要注意!乾燥肌はもっともほうれい線の原因となります。肌が乾燥することで、潤いがなくなり、ハリも失われるためほうれい線が出来やすくなるのです。

 

また頬が柔らかい人は、頬が垂れやすいのでほうれい線が出来やすいため、ダイエットで減量とリバウンドを繰り返す人や、頬がポニョポニョしている人も含まれています。肩こりや首こり、眼が疲れやすい人は一見ほうれい線とは関係ないのではと思いがちですが、全身の筋肉は全部つながっているので顔の筋肉も固くなっている可能性が!

 

そして睡眠中に顔についた枕やシーツの跡がなかなか消えない人はまさに顔が固くなっている証拠です。柔軟性がなくなっていますので、ほうれい線に注意が必要です。頭皮を指で揉むように動かしたとき、顔の皮膚が一緒に動かない、これも筋肉の硬直が原因です。

ほうれい線が目立ちにくい人はココが違う

    ほうれい線ができにくい人

  • タバコを吸わない
  • 表情筋を良く動かす
  • 紫外線を予防している
  • 適度な運動をしている
  • 十分な保湿ケアをしている
  • 姿勢が良い人

 

上記の項目は「ほうれい線」が目立ちにくいとされている人の特徴になります。つまり、項目と反対の事をしている人は、「ほうれい線」が目立ちやすい人ということです。

 

ほうれい線はどうしてできるのでしょうか?

肌のたるみ=ほうれい線

 

肌のたるみが「ほうれい線」に繋がります。肌のたるみを予防・改善することが「ほうれい線」を予防・目立ちにくくする最善の策なのです。

 

ほうれい線を予防・目立ちにくくする生活

 

ほうれい線の原因は肌のたるみですが、私たちが生活を心がけるだけで予防・目立ちにくくさせることが出来ます。

 

タバコNG

 

タバコは血流を悪くさせ、栄養や酸素を十分に運べなくなります。すると栄養が不十分な肌はハリや潤いが失われ、筋肉を固くさせてしまうため、たるみを招く結果に。

 

そのため、タバコを吸う人よりも吸わない人の方が「ほうれい線」が出来にくいとされています。タバコは肌だけじゃなく、健康へも悪影響を与えますのでこの機会に禁煙してみるのはいかがでしょうか?

姿勢を良くする

姿勢が良い女性

姿勢が悪いと血流が悪くなり、筋肉が固くなります。今ではスマホやパソコンを日常的に使用する人が多く、どうしても下向きになると思います。そうすると、下を向いているため頬の筋肉が垂れ下がり、たるみの原因へと繋がります。

 

スマホを使用するときは目線を高く、パソコンを使用するときは机と椅子の高さを調節して、なるべく下向きにならないように意識してみましょう。また、使用時間も長時間にならないように適度な休憩を取り入れて、筋肉が固くなるのを防いでいきましょう。

適度な運動を心がける

 

運動不足も血流を悪くさせる原因となります。ジムに通う、スポーツを始めるなどではなく、エレベーターを使っている人は階段を使用する。近いところは車ではなく徒歩で通う。軽い散歩をしてみる。など軽く出来るものでも良いので心がけてみましょう。

ストレスや食事に気を付ける

 

ストレスや食事も血流を悪くさせる原因となり、たるみへと繋がります。肉類ばかりではなく、野菜や果物を多く取り入れてみると栄養バランスが整いやすくなり血流も良くなり、肌にも栄養が届きやすくなりますので意識してみましょう。

 

特にストレスは溜めてしまうと肌だけではなく、様々な健康被害にも繋がりますので自分なりのストレス発散を心がけましょう。寝る前に音楽を聞いたり、アロマを焚いてみたりするのもおススメです。

十分な睡眠

 

7時間前後の睡眠が最適とされていて、夜10時〜2時の4時間がゴールデンタイムとされています。このゴールデンタイムに成長ホルモンが分泌されやすく、肌にも健康にも重要な時間帯です。質の良い睡眠を心がけるためにも、寝る前はスマホやパソコンをさわらないなど、目も頭も休ませましょう。

自宅で出来る「ほうれい線」を予防・目立ちにくくさせるケア

ほうれい線の原因は肌のたるみですが、それを引き起こすのは老化・乾燥・表情筋の衰えになります。この中の乾燥と表情筋の衰えは自宅でケアでき、ほうれい線を予防・目立ちにくく出来るのです。

 

乾燥には保湿ケア

 

乾燥は肌の大敵になりますので、保湿ケアがとても大切です。朝の洗顔後や、お風呂上がりの保湿ケアは欠かせず、定期的にパックもおススメ。肌が乾燥しないように気を付けると、肌も整い、ほうれい線予防へと繋がります。

 

表情筋を鍛える

 

表情筋が衰えると、顔の皮膚が支えきれなくなり肌のたるみへと一気に繋がります。そこで、おススメなのが表情筋を鍛えること。表情筋は喜怒哀楽を顔で表現している人は、鍛えられているとされており、あまり表情を変えない人は衰えているとされています。

 

歯を舌で沿うようにして1週回す舌回し運動や、「あいうえお」を区切るようにして大きな口で発声する運動が表情筋を鍛えるとされていますので試してみてください。

 

できやすい人・目立つ人は早めの対策を

ほうれい線があると、どうしても老けて見えてしまいます。反対に、ほうれい線が目立ちにくいと実年齢よりもグンッと若い印象に。ほうれい線は薄く、目立ちにくくすることが可能ですので、自分で出来るケアや生活を心がけていきましょう。

 

ほうれい線ができやすい人や、目立つ人は早めの対策がおすすめです。しかし、痩せ型の方はどうしても目立ってしまいがちです。そういう方はメイクでカバーするなど工夫してみてくださいね。

ほうれい線対策にはスキンケアも重要

ほうれい線は老化・乾燥・表情筋のおとろえの3つが原因と言われています。どんなに表情筋を鍛えていても、スキンケアがおろそかになってしまっては、乾燥によって老化が進んでしまいます。さらに、年齢にあっていない化粧品を利用することで、お肌にストレスを与えている場合も。

 

化粧品やスキンケアは、「保湿で乾燥して起こるシワを防ぐ事」ができます。老化へと進む時間は止められませんが、その時間をゆっくりとしたものにできると管理人は考えています。

 

化粧品で対策したい方はこちら

管理人おすすめの化粧品をご覧になりたい方はこちら

 
スポンサードリンク