スポンサードリンク

接客業の仕事をしているとほうれい線が濃くなるって本当??

接客業とほうれい線の関係

ほうれい線と職業には、深い関係があるといえます。特に接客業をしている人は要注意!

 

接客業の仕事をしているとほうれい線が濃くなるって本当??
笑顔を作って常に表情筋を鍛えているのになぜ!?

 

と言う声が聞こえてきそうですね。そこで、接客業の人のほうれい線が濃くなってしまう3つの理由を見ていきましょう。

 

接客業の人のほうれい線が濃い3つの理由とは

接客業の人はほうれい線が濃くなるというのは本当です。それには、3つの原因があります。これらの原因によりほうれい線が出来やすい環境が生まれているのです。

  1. 笑顔を作っている
  2. (屋内の場合)エアコンが効いている
  3. 化粧を厚くする

日々の積み重ねでほうれい線が濃くなる

接客業の人は笑顔を大切にされていると思います。しかし、それがほうれい線を濃くしているのです。鏡の前でニコっと笑顔を作ってみてください。鼻から口元にかけてほうれい線が出てきます。

 

接客業の人に限らず常に笑顔を保っている人は、このほうれい線が日々刻み込まれてしまいます。人の顔のしわは、洋服のしわと同じです。同じ場所を何度も何度も折りたたむことでしわが深くなります。しかし、ほうれい線ができる人には、表情筋がない人も挙げられます。

 

笑顔を作るために表情筋を使うのになぜほうれい線ができてしまうのでしょうか。

表情筋とは人間の顔にある30種類以上の筋肉から成るもの。しかし笑顔を作るという動作では表情筋を使うにしても一部しか使っていません。顔全体の筋肉を使わなければ、表情筋を鍛えたことにはなりません。

ほうれい線は笑顔が原因

また笑顔になった際に目にもシワが寄る人は目尻のシワもくっきり刻まれます。あるデパートのマネキンをやっている方は笑うときに目を潰さずにしようと意識するそうです。そうすると目尻のシワを作ることなく笑顔をキープできるのです。

 

ただ、ほうれい線を出さない笑顔の作り方は難しいので、笑顔を作っていないときにマッサージなどのケアが必要でしょう。

 

エアコンで肌が乾燥してほうれい線を濃くなる

エアコンによる肌の乾燥に注意

デパートや飲食店、アパレルなどの屋内で働いている人は、1日中エアコンがきいたお店の中で働いています。お客様の為にも店内を適温にするのは、大切なことですがエアコンを使用していると空気がは乾燥する為、長時間、店内で働いている人は注意が必要です。

 

乾燥はほうれい線を濃くする原因となります。肌が乾燥することにより、肌のハリや弾力が奪われます。肌のハリや弾力が奪われることで肌はたるみ、ほうれい線ができてしまうのです。

 

冬は乾燥を気にする人も、夏は気にしないという人も多いですね。しかし、夏も冬と同じようにエアコンの効いた室内は乾燥しやすい為、要注意!室内で働く人は、ほうれい線を予防するためにも常に乾燥について気にかけることをおすすめします。

 

ファンデがしわを濃くする原因

ファンデーションの厚塗りはほうれい線を目立たせる

人前に出る仕事だとどうしても化粧はしっかりしなくてはいけないですよね。人によっては、休憩中にファンデーションを塗りなおすという人もいるのではないでしょうか。しかしそれが原因でほうれい線が濃くなってしまうというのを知っていましたか?

 

厚化粧をすることで、ファンデーションがしわに入り込んでしまい、薄かったほうれい線が濃くなってしまうのです。ほうれい線を隠すためにファンデーションをたっぷり塗る人もいるかもしれませんが、それは逆効果。ファンデーションがしわに溜まってしまうので注意してください。

 

しかし、化粧をしないわけにはいきません。ほうれい線を気にする人は、口回りのファンデーションは薄く塗るように心がけましょう。コンシーラーを叩き込み過ぎると反って厚塗りになってしまう場合もありますので注意して下さいね。

 

スポンサードリンク