スポンサードリンク

ほうれい線ができやすい最も危険な乾燥!簡単時短保湿ケアを紹介

お肌の乾燥はほうれい線の原因になります。乾燥をすると、肌のハリや弾力が失われるためほうれい線やシワができてしまうのです。「化粧水を塗らない」「化粧水をすぐに塗らないと突っ張る」「日焼け止めを使わない」こんな事をしていませんか?

 

年齢と共に乾燥は進みます。手遅れになる前に保湿してあげましょう。ここでは、忙しい方でも真似できる、簡単時短保湿ケアや、お肌の乾燥を防ぐために気をつけたい生活習慣なども紹介します。

 

乾燥に効果のある簡単時短保湿ケア・高保湿成分

乾燥に効果があるのは、なんといっても保湿ケアです。そのケアには、パックや美顔器など様々なものがありますがスキンケアに時間をかけられない人も多いのでおススメの保湿ケアを紹介します。

 

朝は化粧水ふき取り洗顔

 

朝はバタバタと忙しいですが、そんな時におススメなのはコットンに化粧水を染みこませてふき取る洗顔方法。この方法は、洗顔も出来ますし、化粧水も塗っていることになりますので時短スキンケアです。

 

夜は高保湿成分が入ったオールインワンゲル

 

化粧水・美容液・乳液の3ステップが1つになっているオールインワンゲルは時間のない人におススメ。そして、オールインワンゲルは併用もできますので乾燥を防ぐためにも保湿クリームや美容液を併用してみましょう。

 

    高保湿化粧品を紹介

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • シアバター

 

高保湿成分で有名な成分は上記のものになります。美容液や保湿クリームを新しくする場合、オールインワンゲルと併用しようと考えている方は、この成分が配合されているかチェックしながらスキンケア商品を選びましょう。

 

水分補給や日焼け対策で危険回避!

ほうれい線を引き起こす生活:日焼け

「化粧水を塗らない」といった生活をされている人の場合、例えて言うなら顔は砂漠状態となっておりとても危険な行為だといえます。水を飲んで体内から補うという人もいるかと思いますが、外からの刺激は外から守ることが大切です。

 

また「化粧水を塗らないと突っ張る」という人の場合、肌が水分を欲している証拠。肌が水分不足に陥ってしまっている状態ですので多めの化粧水で肌に水分補給をしましょう。「日焼けをしている」人の場合、紫外線によるは肌へのダメージを大分受けていると考えて良いでしょう。

 

紫外線による肌へのダメージというのはとても大きく、真皮層のコラーゲンを壊し、肌の水分を奪うことになるので、ほうれい線ができやすくなります。夏はもちろん、冬でも日焼け対策を行うことでほうれい線予防につながります。

 

ビタミンCが足りなくなるとほうれい線になる?!

 

食生活と喫煙状況で

スキンケアが影響する生活習慣だけでなく、ほうれい線ができるきっかけは食生活や喫煙状況にも隠されています。それは、肌のハリを与えるビタミンCが関係しているからです。ビタミンCが欠乏するとコラーゲンの合成ができなくしてしまいまい、それにより、肌のハリを奪ってしまうのです。

 

煙草はそんなビタミンCを壊す作用があるので、煙草を吸う人はビタミンC不足、コラーゲン不足に陥りますので注意してください。意識してビタミンCを取るようにすることで、ほうれい線を予防することができます。

 

ポイント
  • 朝食はフルーツを摂り入れ、昼と夜は野菜をたっぷりと摂るなど、ビタミンやミネラルを補給できるような食事メニューにする。
  • 煙草を吸っていた方は禁煙を心がける。

乾燥は待ってくれない!常に保湿を意識しましょう

毎日忙しく、気付くと夜になっていて自分の事は後回しにしてしまっている方も多いことでしょう。気付くと肌がたるみ、シワやほうれい線がいつのまにか増えていて知らないうちに老けていたなんて事にならないように、できる事からはじめませんか?

 

年齢と共にスキンケアの見直しは必要です。しかし、スキンケアに時間をかけられなくても、日常生活を少し変えるだけで乾燥は防げるのでできる事からはじめませんか?ほうれい線が気になったときがエイジングケアをはじめる決めてです。

スポンサードリンク