スポンサードリンク

なんとか化粧でごまかしたい!ほうれい線に効果的なメイクを解説

ほうれい線を化粧で目立たなくする方法

ほうれい線が目立ってきたら、日々のメイクでどうにかカバーしたい!そう思う方はとても多いですね。普段のメイクであるポイントを意識するだけで、目立っていたほうれい線が目立たなくなります。

 

普段からやっていることや、普段からの方法のプラスαでできるものがほとんどです。これでお金をかけずにほうれい線を目立たなくすることが出来ます。注意点とともにポイントを紹介します。

 

ほうれい線をメイクでカバーするポイントを紹介

ほうれい線があると、どうしても老けて見えがち。メイクしても、ほうれい線のところだけ割れてしまう。メイク後はバッチリだけど、時間が経つと崩れて悲惨な状態になる。

 

実は、ほうれい線をカバーするメイク方法はポイントが隠されています。メイク前の下準備・必要な化粧品・メイク方法を解説します。

 

ほうれい線をカバーするメイクで必要なアイテム

    メイクのポイントを紹介

  • 化粧下地
  • リキッドファンデーション
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー

 

ほうれい線をカバーするために必要なものは、通常のメイクと同じですが、それぞれの特長を効率よく利用すると、ほうれい線をカバーしてくれます。そして、メイクの前の下準備としてスキンケアも大切です。

 

ほうれい線をカバーするには下準備が大切

 

メイクをする前に、肌が乾燥しているとファンデーションが上手く密着せずに浮いてしまう原因になります。そのため、メイク前には十分な保湿ケアが大切なのです。

 

保湿ケアが十分ではないとどうなるのでしょうか?

十分に保湿しない状態でメイクをすると「ほうれい線の部分にファンデーションが溜まりやすく、目立つ」といった結果を招きます。

 

メイク前には、スキンケアアイテムを手に馴染ませてから肌に付けてあげましょう。その時も擦らず、優しくハンドプレスして、ベタつきが残っていないか注意してからメイクを開始しましょう。

ほうれい線が目立たなくなるメイクの6つのポイント

ほうれい線を目立たなくするポイントとして6つが挙げられます。それぞれを細かく見ていきましょう。

 

    メイクのポイントを紹介

  1. ファンデーションの塗り方
  2. コンシーラーの選び方、塗り方
  3. パウダーの活用
  4. 口紅の塗り方
  5. アイメイク、チークの重要性
  6. 化粧直しの注意点
化粧下地

 

シリコンの入ったものを使うと目立ちにくいでしょう。その理由として、シリコン入りは肌に密着して肌表面をなめらかに整えてくれ、ほうれい線のある部分もなめらかに見せてくれる効果が期待されているためです。

ファンデーションはリキッドかクリームタイプ

 

パウダーとリキッドかクリームに分かれているファンデーションですが、適しているのは液体のリキッドやクリームファンデーションがおすすめです。パウダーよりも粒が小さい液体ファンデーションは、シワに入りこみやすいパウダーよりも目立ちにくく、液体のため保湿効果もあります。

 

液体タイプのファンデーションは、光を反射しやすく肌に立体感を演出させてくれ、ハリや潤いも演出してくれますので目立ちにくいということに繋がります。

 

また、ほうれい線の部分にはファンデーションは薄く塗ることが鉄則。口の部分は、よく動かす部分のため化粧がよれやすく、目立たないようにと厚く塗ってしまうと、よれた時に余計に目立ってしまうので必ず薄くを心がけましょう。

 

ポイント
  • 液体のファンデーションを薄く塗ること。
  • 頬の高い位置から塗ること。
  • ほうれい線の部分以外のファンデーションを塗ったあとで、指の腹を使って、ほうれい線の部分に優しくファンデーションを塗る。
ハイライト・コンシーラー

 

ほうれい線部分に必ず使いたいのが、リキッドコンシーラーかハイライトです。ココがポイントで「ほうれい線は色ではなく、光で目立たなくさせる」ということ。

 

明るめのコンシーラーやハイライトを使うことで、光を反射させて目立たなくさせます。また、口の部分は良く動かすため柔らかいしっとりとしたテクスチャー(手にとった感触や、肌につけた時の感触・使用感)のものを選びましょう。

 

筆ペンタイプが細い部分にも使いやすく、ほうれい線の溝に入った時も目立ちにくく、化粧直しもしやすいのでおススメです。

 

ポイント
  • そのまま使うと出る量が均一にならないため、手の甲で出して量を調節。
  • 明るい色のリキッドタイプのコンシーラーを選ぶ。
  • ほうれい線に対して垂直に5か所くらいのせて、指の腹を使って優しくコンシーラーを伸ばす。
  • ほうれい線すべてにコンシーラーを塗らないこと。 口元はよく動く部分なので塗りすぎることでよれる可能性がでるため。
フェイスパウダー

 

最後に薄くフェイスパウダーをのせて、完成。フェイスパウダーを使うことで、肌もキレイに見え、余分なテカリも抑えられます。

 

ポイント
  • ェイスパウダーを毛穴を埋めるように顔全体に塗る。
  • 固めのブラシを用意し、ほうれい線を埋めるようにくるくる丸く。

その他のメイクのポイント

ほうれい線が気になるのであれば、その部分より他の部分を引き立たせる事をおすすめします。そのため、口紅やアイメイク、チークも少しだけ変化をつけてあげましょう。そして、化粧直しでの気をつけるポイントをまとめました。

 

口紅の塗り方

 

口紅の色はオレンジ系やピンク系を選びましょう。紅筆を使って輪郭を取るように塗り、口角を実際の唇より上に上げて描ことがポイントです。

アイメイク

 

視線をほうれい線から外すために重要になります。アイメイクは目尻を強調させるため少しオーバーに入れます。 目頭と目の下にハイライトカラーを入れます。

チーク

 

チークはオレンジ系を入れます。 ほうれい線に対して90度方向に頬を上げるように斜めに入れます。ほうれい線の周辺ばかり気にかけてメイクをすると、強調される可能性があるので注意しましょう。

化粧直しの注意点

 

ティッシュでファンデーションのよれを優しく取り除きましょう。スポンジでたたくように丁寧に塗るのがポイントです。

まとめ

ほうれい線をメイクでかくす場合、下準備が大切で、ちょっとしたメイクのコツが必要な事がわかりました。しかし、メイクで隠すにも限界があるので、根本的な解決にはなりません。

 

ほうれい線は、老化・乾燥・表情筋のおとろえの3つが原因で起こります。自分の中で不足している部分は何かありますか?お肌の状態をよく確認して見てくだい。

 

化粧品やスキンケアは、「保湿で乾燥して起こるシワを防ぐ事」ができます。老化へと進む時間は止められませんが、その時間をゆっくりとしたものにできると管理人は考えています。

 

化粧品で対策したい方はこちら

管理人おすすめの化粧品をご覧になりたい方はこちら

 

表情筋を鍛えてほうれい線対策を行いたい方はこちら

 

ほうれい線の予防・解消は、顔の筋肉が重要|表情筋を鍛えるコツ

スポンサードリンク