スポンサードリンク

ほうれい線の予防・解消は、顔の筋肉が重要|筋肉強化でマイナス5歳肌

ほうれい線の原因の1つに顔の筋肉の衰えが挙げられます。顔の筋肉が衰えると、たるみの原因となるばかりか、頬の筋肉を支えられなくなり「ほうれい線」へと繋がるのです。

 

    ほうれい線が気になる

  • 毎朝鏡を見て、自分の顔が老けて見える。
  • ほうれい線が濃くなったような気がする。

 

お悩みの方は、顔の筋肉を鍛えることをおススメします。そこで顔の筋肉強化でどのような違いが出るのか、顔の筋肉を鍛える方法や、顔の筋肉に良い影響を与える食材なども紹介します。

 

顔の筋肉強化!管理人おすすめの方法

いつでもどこでも行える顔の筋肉強化方法を紹介します。顔の筋肉を鍛えることでシワやたるみ、ほうれい線を予防・改善できます。そして、ほうれい線を予防・改善の他にも、女性は特に嬉しい小顔効果も期待できます。

 

舌回し運動

ベロ回し体操

舌を歯の表面に添えてグルッと回します。回数やペースは自分が出来る範囲で構いません。この方法は、ほうれい線を予防・改善するのに有名な運動で、いつでもどこでも出来ますのでおススメです。

 

関連記事:ほうれい線に効果絶大のベロ回し

 

あいうえお体操

 

「あ」「い」「う」「え」「お」と発するつもりで区切るようにして、口をしっかり動かす運動です。だいたい、1文字5秒ほどで5セット繰り返すと、口周りの筋肉が鍛えられていると感じます。声を出して行うと話し声も綺麗になるそうなのでおススメです。

 

関連記事:ほうれい線を消す「あいうー体操」や「まいう体操」

 

口角引き上げ

 

ウインクするのですが、その時に頬と口も引き上げます。5秒程度キープして反対側も行う。これをすることで顔の筋肉も鍛えられますし、口角も上がりますので笑顔の似合う顔になりますのでおススメです。

 

頬っぺたエクササイズ

 

息を吸い込み、右・左に1・2・1・2と交互に膨らまします。最後に下を向いてふーっと息を吐いて終了。3セットほどを毎日繰り返すことで、頬の筋肉が鍛えられますので試してみてください。

 

ペットボトルエクササイズ

 

ペットボトルを使った、手軽にできるエクササイズです。ペットボトルを咥え、息を入れたりすることで、口の周りの日頃動かさない筋肉を動かすことで、頬の筋肉を鍛える事ができます。

 

関連記事:ペットボトルを使ったほうれい線を消す方法とは

 

 

上記の3つの表情筋を鍛える方法は、最も効果抜群の方法です。しかし、効果には個人差がありますので、自分に効果があまり感じなくても落ち込まないでください。

 

表情筋を鍛えるには、毎日繰り返し行うことが大切です。また、いつでもどこでも行えるものばかりですので、すき間時間などを活用してみてくださいね。

 

表情筋を鍛えるおすすめアイテム

 

FACIAL FITNESS PAO

 

表情筋を鍛えるPAO

筋肉に効いているという実感が魅力

 

くわえて首を振ることで、顔の筋肉を鍛える事ができる「PAO(パオ)」は、20〜70代の50名のモニターで体験した結果、94%が何らかの効果を実感したアイテムです。

 

左右均等に負荷がかかるので、バランス良く鍛える事ができます。さらに、もっと鍛えたいという方にも対応できるように、3種の負荷が選ぶことができます。1日2回1分のエクササイズだから続けやすく、早い方は2ヶ月で効果を実感しているので、おすすめです。

カラー

価格

ブラック・ホワイト

13,824(税込)

 

リフティ

顔の筋肉強化でマイナス5歳若返る理由

顔の筋肉を鍛えることで表情も豊かになり、シワやたるみが目立たなくなりマイナス5歳、肌が若返ります。顔の筋肉が衰えると、たるみやシワの原因となるため実年齢よりも老けて見えてしまうことが非常に多いです。まず、顔の筋肉には表情筋と深層筋の2つがあり、それぞれ役割が違います。

表情筋

表情筋とは表情を作る筋肉、つまり皮膚についているものです。

深層筋

深層筋とは骨に付いていて血液から栄養を運び、老廃物を取り除くポンプの役割をしています。

この深層筋が衰えると、表情筋を支えられなくなりシワやたるみ、ほうれい線の原因にもなり、栄養も届かなくなり老廃物も溜まりやすくなってしまいます。そのため、顔の筋肉を鍛えることでシワやたるみ、ほうれい線を予防・改善に繋がりますので、意識して鍛えていきましょう。

おススメ食材で顔の筋肉を鍛えましょう

顔の筋肉を鍛える方法は、実は食材にもあります。これらの食材は特に噛む回数が要求され、顎や顔の筋肉が鍛えられます。食べるだけでも顔の筋肉は鍛えられますので、おススメです。

 

するめ・フランスパン・せんべい・ナッツ類・軟骨

 

注意

 

食べる時は片側食べをせずに、両側で食べることが大切です。片側食べをしていると、顔のゆがみなどにも繋がりますので注意しましょう。両側で食べることで、顔の筋肉は均等に鍛えられ左右の顔のバランスが整うようです。

まとめ

顔の筋肉を鍛えることで、シワやたるみ、ほうれい線が解消されることが分りました。元々、ほうれい線は顔の筋肉が衰えてしまうことが原因の1つとされていますので、衰えないように鍛えることがとても大切です。また、顔の筋肉を鍛えることで肌も若返り、マイナス5歳肌とも言われています。

 

ほうれい線が気になりだしたら、チャレンジしてみて下さい。いつでもどこでも鍛えることが出来ますし、噛むことが要求される食材は顔の筋肉を鍛える役割もしてくれるのでおススメです。

 

ほうれい線は頑張れば頑張るほど、薄く目立たなく出来ます。また、ほうれい線だけじゃなく嬉しい小顔効果も期待できますので是非、活用してみてください。

ほうれい線対策にはスキンケアも重要

ほうれい線は老化・乾燥・表情筋のおとろえの3つが原因と言われています。どんなに表情筋を鍛えていても、スキンケアがおろそかになってしまっては、乾燥によって老化が進んでしまいます。さらに、年齢にあっていない化粧品を利用することで、お肌にストレスを与えている場合も。

 

化粧品やスキンケアは、「保湿で乾燥して起こるシワを防ぐ事」ができます。老化へと進む時間は止められませんが、その時間をゆっくりとしたものにできると管理人は考えています。

 

化粧品で対策したい方はこちら

管理人おすすめの化粧品をご覧になりたい方はこちら

 
スポンサードリンク