スポンサードリンク

ほうれい線ができやすい3つの原因と気をつけたい生活習慣を解説

ほうれい線の原因は?

年齢とともに深く刻み込まれる口元のほうれい線。メイクでも隠しづらい、厄介なシワです。自分の顔を見て、ほうれい線が目立つと老けて見えたり、知り合いの口周りを見てほうれい線があるかどうか気にしたりしていませんか?

 

年齢だけじゃない、ほうれい線の原因は老化・乾燥・表情筋の衰えの3つに大きく分けられます。ほうれい線がある、ないで大きく印象も変わるため化粧などで隠すものの反対に時間が経つとクッキリ目立ってしまう場合も・・

 

そこで毎日のケアの他にも、ほうれい線へと繋がってしまう生活習慣や対処法、ほうれい線の大きな原因について解説します。

 

ほうれい線ができる3つの原因

ほうれい線の原因は、大きく3つに分けられます。

  • 老化
  • 乾燥
  • 表情筋の衰え


 

そして、ほうれい線の大きな原因として言えるのは、ズバリ肌のたるみです。老化・乾燥・表情筋の衰えは全て肌のたるみへと変化させてしまう原因となっています。

 

たるみとは?

肌のハリを支えているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった物質は年齢と共に減少していくことが原因。コラーゲンは肌の弾力を作り、エラスチンやヒアルロン酸はコラーゲンを支えることで肌に弾力や潤いを保ち、ハリを与えるのです。

 

老化して減少すると弾力や潤いがなくなりハリも失われ、たるみの理由となってしまいます。つまり、肌のたるみを防ぐことが、ほうれい線を防ぐ近道となるのです。

 

たるみを予防・改善するためには、保湿ケアや表情筋を鍛えることがおススメです。その他にも睡眠や食事など、私たちが心も体も健康に過ごすことも非常に重要になってきます。

「乾燥」でほうれい線が悪化

 

ほうれい線の原因には、乾燥肌が挙げられます。まず、紫外線が肌の大敵なのは有名ですが、ほうれい線にも大敵です。

 

ほうれい線のできる原因:乾燥

紫外線を浴びることでたるみの原因にもなるのですが、乾燥肌の場合、さらにその影響を受けてしまいます。

 

なぜなら乾燥肌は肌のバリア機能が衰えているため、表皮の下にある真皮にダメージを与えることになってしまうからです。

 

お肌にうるおいを与える保湿ケア

 

乾燥がたるみの理由に繋がるのは肌の内側の水分がなくなるため。乾燥すると新しい肌を作ることや新陳代謝が上手く働かず皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

 

すると外からの紫外線などの影響を受けやすくなるばかりか、肌の潤いまでもが逃げやすくなり、たるみを招くのです。そのため、保湿ケアをすることで乾燥を防ぎ、たるみを予防・改善していくことが大切です。

年齢には勝てない?「老化」とほうれい線の関係

 

まず、ほうれい線ができる原因として老化が挙げらます。年齢を重ねることによって、肌がたるんできてしまい、ハリが失われ、頬が落ちてほうれい線が深くなってしまうのです。

 

これは、ほうれい線だけに限らず顔にできるシワもこのような原因でできてしまうことが多いです。10代、20代の頃は気にせずにいた肌も30代、40代と歳をとるごとに重力に逆らえなくなってきてしまうのです。

 

心も体も健康にして老化に負けない

 

偏った食生活や運動不足、ストレスは血行不良を引き起こし、全身に栄養や酸素が行き渡りにくくなります。すると顔にも栄養や酸素が十分に行き渡らなくなり、老廃物も溜まりやすく、結果的に肌トラブルを招くことに。

 

    軽い運動

  • バランスの良い食生活
  • 適度な運動
  • 良質な睡眠
  • ストレスを溜めない

 

などのことを意識して生活することが、健康にも肌にも重要ですので、出来ることから意識して生活していくことをおススメします。

「表情筋が衰えている人」は、ほうれい線ができやすい

 

そもそも肌のたるみとは、使っていない顔の筋肉が衰えることが原因で起こってしまいます。喜怒哀楽のない、顔を動かすことをしていない人は、筋肉が衰えてたるみ、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。日常的に体を動かすこと同様に顔を動かすことで表情筋を鍛えることができます。

 

しかし、ほうれい線は「笑いシワ」と呼ばれるように、たくさん笑う人や大きな笑い方をする人は出来やすいと言われています。その為、笑うだけでなく、エクササイズを取り入れ、たるみ予防をしましょう。

 

表情筋を鍛えて

 

表情筋が衰えると筋力が低下しているため皮膚や皮下脂肪を支えられなくなり、たるみへと繋がります。表情筋とは顔の筋肉の事ですが、ここが鍛えられていると皮膚や皮下脂肪をしっかりと支えることが出来るのでシワやたるみが出来にくいのです。

 

表情筋を鍛えるには舌回し運動や、あいう―体操などがおススメですので是非活用してみてください。

 

関連記事:ほうれい線に効果絶大!3日で効果が分かる!ベロ回し

ほうれい線へと繋がる生活習慣と対処法

何気なく送っている生活習慣の中にも、ほうれい線へと繋がる原因を作っている可能性も。当てはまる項目があるかチェックしながら見ていきましょう。

 

猫背

 

猫背の人は顔がうつむき加減になり、頬の筋肉が下に垂れ下がりやすくなります。習慣化してしまうと、ほうれい線へと繋がるばかりか、姿勢を正すことに疲れを感じてしまいますので猫背だと自覚している場合は意識して姿勢を正して生活していきましょう。

 

猫背は二重あごにもなりやすい

二重あごは、あご周辺の筋肉が衰えている可能性があります。すると顔の筋肉を支えることが難しくなり、ほうれい線へと繋がることに。さらに、二重あごは見た目も悪く、輪郭がぼんやりしてしまうので、太った印象になりがち。

 

太ると二重あごになると思っている人も多いですが、姿勢の悪さから二重あごに繋がっている場合もありますので姿勢を正すことが二重あご改善にも繋がっていきます。

 

肩こり

 

首や肩の筋肉が硬くなり、肩こりが起きます。体の筋肉は繋がっているため、顔の筋肉も硬くなっていることが考えら悪循環な状況に陥ることに。筋肉が硬くなると血行不良を引き起こしシワが戻りにくくなり、ほうれい線へと繋がりますので定期的に肩や首を回すなどストレッチを取り入れてみるのもおススメです。

 

スマホやパソコンを使用することが多い

 

スマホやパソコンを使用すると目が疲れるだけでなく、顔も下を向きます。目が疲れると血行不良、下を向くと頬の筋肉が下に垂れ下がるため、ほうれい線が出来やすい結果に。スマホやパソコンは、どうしても下を向いて操作することが多くなりますので、目線を高くして操作するなど意識して使用しましょう。

 

人と話す機会が少ない

 

話す機会が少ないと、口周りの筋肉をあまり使わないため頬がたるみやすくなり、ほうれい線が出来やすくなります。何気ない生活習慣の中にも、ほうれい線へと繋がる原因は潜んでいますので、この項目に心当たりのある方は姿勢を正す、表情筋を鍛えることなどを意識してみるのをおススメします。

 

まとめ

ほうれい線の原因は老化・乾燥・表情筋の衰えの3つに大きく分けられますが、それに共通するのは肌のたるみ。この肌のたるみが、ほうれい線へと繋がるのですが私たちが何気なく送っている生活習慣の中にも、ほうれい線を作りやすい原因が隠されています。

 

自分の顔を見て、ほうれい線のせいで老けて見えて悲しくなる。周りの人には、ほうれい線があるかチェックして自分と比べる。もうそんな自分とはサヨナラして、ほうれい線の原因や日常生活を意識しながら生活していきましょう。ほうれい線は薄くもなり、目立ちにくくもなりますので諦めないでくださいね。

スポンサードリンク