スポンサードリンク

ほうれい線対策にエラスチンがおすすめ|食べ物やサプリまで解説

エラスチンは特に高保湿成分とされており、肌のハリや弾力には欠かせない成分です。エラスチンが不足すると、肌のたるみの原因となり、それは「ほうれい線」の原因になります。

 

しかし、エラスチンという言葉は、あまり聞きなれない言葉なのでピンとこない方も多いと思います。肌に良いとされる成分の代表格としてコラーゲンがありますが、エラスチンはこのコラーゲン同士を結び付ける役割があります。

 

ここでは、ほうれい線を防ぐため、お肌の乾燥を防ぐためにおすすめしたいエラスチンの解説と、どのような食べ物に含まれているのかを解説します。

 

高保湿成分「エラスチン」について

エラスチンの解説

乾燥を防ぐことが、ほうれい線を出来にくくする近道になるのですが、ここに最適な成分がエラスチンです。エラスチンは保湿効果の高い、高保湿成分の1つになるため、エラスチンの補給をおすすめします。

 

高保湿成分といえば【コラーゲン・ヒアルロン酸】などがありますが、この2つの成分と同じようにエラスチンはお肌の表面や角質層で水分を蓄える事ができます。そして、もう1つの役割がコラーゲン同士を結びつけるという点です。

 

エラスチンはどうして補給する必要があるの?

エラスチンは20歳をピークに段々と減少していき、40代では不足してしまいます。そして、1度壊れてしまったものは回復しにくく、自分で摂取しなければなりません。

エラスチンの摂取方法について

あまり聞き慣れないエラスチンという成分ですが、お肌のハリを保つためにも、ほうれい線を防ぐためにも取り入れたいものです。ここでは、エラスチンはどのようなものに含まれているのかを解説します。

 

スキンケア用品で取り入れる方法

 

エラスチン入りの化粧水

コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸など他の成分との組み合わせで、より高い効果が期待されるエラスチン。つまり、スキンケア用品を選ぶ際には、何が配合されているのかを見て、選ぶことをおススメします。

 

エラスチンの1日の摂取量の決まりはありますか?

エラスチンは肌に欠かせない成分ですが、1日の摂取量があります。1日100〜200rとされていますが、日々のスキンケアに使う化粧品は含まれている量はさほど多くないため気にしなくても良いそうです。

食品から取り入れる方法

 

エラスチンは食品からも摂取可能ですので、その食品を紹介します。これらの食品にエラスチンが含まれており、同時にコラーゲンも一緒に摂取できるのです。夕食の献立や晩酌のおつまみに取り入れやすい食品ですので、是非意識して取り入れてみてください。

 

牛すじ・軟骨・煮魚・手羽先

サプリメントから取り入れる方法

 

エラスチンを簡単に摂取する有効な方法の1つに、サプリメントがあります。サプリメントは時間や場所を選ばずに、毎日取り入れる事ができる手頃な手段です。

 

エラスチンのサプリメントを飲むおススメ飲む時間帯は?

おススメの摂取時間は、夕食後約30分とされており、その理由として胃に食物が入っているため胃に負担をかけにくく、食べ物と一緒に消化するので効率よく体内に取り込むことが出来るということが挙げられます。

エラスチン減少を食い止めるには、抗酸化作用のあるものがおすすめ

 

エラスチンの減少を食い止めるには、抗酸化作用のあるものを摂取することが大切です。ラスチンが不足すると、シワや毛穴の開きの原因となり「ほうれい線」へと繋がりますので、積極的に摂取して老化や減少を早めに食い止めていきましょう。

 

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ペプチド・コエンザイムQ10・ポリフェノール

シンデレラタイムを有効活用しましょう

肌のシンデレラタイムは午後10〜2時までとされています。この時間帯に、新しい肌が作られるのでエラスチンをシンデレラタイム前に摂取することで効果がさらに期待されるのです。

 

注意点として、この時間帯には就寝していることが望ましいでしょう。なかなか忙しくて、この時間帯には寝られないという方も、毎日ではなくても、寝られる日は意識して肌のためにも早めに就寝することを心がけましょう。

 

睡眠はお肌のためにも、健康のためにもしっかりとっておきたいもの。お肌の乾燥が気になる時は、なるべく早く寝るなど早めの対策がおすすめです。

エラスチンの摂取はほうれい線対策としておすすめ

ほうれい線が出来る要因は、肌のたるみです。この肌のたるみを引き起こしてしまう1つが、乾燥によるもの。つまり、乾燥を防ぐことで「ほうれい線」を予防・解消できます。

 

乾燥に効果的なのはエラスチンという高保湿成分。しかし、エラスチンは20歳をピークに減少し続け、さらに1度壊れてしまうと上手く再生できるとは限らないので、日々のケアがとても大切になります。

 

エラスチンはコラーゲン同士を結び付ける働きを持っており、ハリや弾力を与えるとされています。また、その摂取量は1日100〜200rで、食品やサプリからでも摂取可能です。エラスチンを積極的に摂取、毎日のスキンケアに取り入れるなどを意識することを心がけて、ほうれい線を予防・解消していきましょう。

 

スポンサードリンク